唇のオイルパック

Lip care

唇はオリーブオイルのパックで保湿する

唇はオリーブオイルでパックするとプルプルになります。
まず蒸しタオルを用意して、優しく唇に当てて数分間温めます。
オリーブオイルをたっぷりと塗って、はちみつがあるとさらに保湿効果を期待できます。
上からラップを載せて5分~10分間放置します。
パックが終わったら優しく拭き取ってケア終了です。
唇が荒れている時に即効性があるため、冬の乾燥した頃に重宝される方法です。
基本的に口に入れても問題ないオリーブオイルを使うので、リップクリームでアレルギーを起こす人もケアできます。
リップクリームも口に使うものですが、保存料など化学物質が含まれているものがほとんどなので、人によって保湿されないで荒れてしまうことがあります。
このパックはアレルギーの心配はありませんが、パックのやりすぎには注意します。
10分を超えて長時間ラップをかぶせたままにすると、唇の皮が剥けて出血するなどトラブルの原因になります。
パックは毎日ではなく、週1回程度がおすすめです。

唇の艶とオイルについて

唇は乾燥などによってカサカサしてしまう事も多いパーツです。
そのままにしておくと簡単に割れてしまったり、皮がむけてしまうのでしっかりと保湿する事が重要です。
しっかりとリップクリームを使えばある程度の保湿は可能ですが、なかなか改善しないと感じている人も珍しくありません。
また、舐めればしっとりとするからと言って頻繁に唇をなめている人もいますが、実際にはより乾燥を促進してしまう原因になるので注意が必要です。
荒れた唇を良い状態に戻したいと思ったら、オイルの利用が効果的です。
酷く乾燥している場合でもしっとりとするだけでなく、表面に1枚薄い膜を作ってくれる事になるので、内側の水分が外に蒸発してしまう事も減ります。
だから、カサカサし過ぎていてひび割れている時とかでも、オイルを上手に利用すれば改善させる事は可能です。
また、オイルは唇だけでなく、口角炎にも効果がある場合も少なくありません。
上手に使えばべたつかずに良い状態にする事ができるので、うまく使って乾燥知らずのふっくらした状態にする事も可能です。

最終更新日:2017/5/12

COPY RIGHT (C) 2015 Lip care. ALL RIGHT RESERVED